入浴施設を検索してください

青森県の入浴施設一覧

青森県の入浴施設一覧ページです。
どうぞご参考になさって下さい。

温泉付きのキャンプ場を利用するのであればお風呂情報は必要ないと思います。
しかし通常はキャンプ場から日帰り入浴施設へ出かけることが多いのではないでしょうか。

このホームページでは主に公衆浴場(銭湯)、スーパー銭湯、温泉旅館やホテルの日帰り入浴施設 をご紹介しておりますのでお風呂に入って長旅の疲れを解消してみではいかがでしょうか?

スポンサーリンク

そして、低料金で利用できるサウナもしくは入浴が可能な温水プールもご紹介しております。
プールを利用する場合は競泳用の水着と帽子がないと利用できない事が多いので準備が必要です。

あと、石鹸やシャンプーなど常備していない施設もあるのでタオルと一緒に用意しておきましょう。

以下の情報で入浴料が変更になっていたり入浴施設自体が消滅している場合がございます。
お出かけ前は最新情報を各自で御確認をお願いします。


キャンプ&日帰り入浴

6件の入浴施設がございます。

  • 施設の電話番号
  • 所在地:青森県むつ市川内町家ノ辺107-4
  • 利用料
  • 大人:380円
  • 小学生:150円
    小学生未満:無料
  • 定休日:月曜日
    時 間:9:00~20:00
    ※19:30まで受付
    備 品:なし
    風 呂:大浴場
    泉 質:硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
    ※営業時間は施設の都合で変更もあり


  • 施設の電話番号
  • 所在地:青森県下北郡大間町大間内山48−1
  • 利用料
  • 大人:380円
  • 小学生:330円
    小学生未満:170円
  • 定休日:なし
    時 間:8:00~21:00
    (20:30まで受付)
    備 品:シャンプー、ソープ
    風 呂:大浴場、サウナ
    泉 質:ナトリウムカルシウム食塩泉、塩化物泉(無色透明)


  • 施設の電話番号
  • 所在地:青森県上北郡東北町字上笹橋21-18
  • 利用料
  • 大人:300円
  • 小学生:150円
    小学生未満:無料
  • 定休日:なし
    時 間:5:30~22:30
    備 品:なし
    風 呂:大浴場、露天
    泉 質:弱アルカリ性単純温泉、日本一黒い湯植物性(フミン)モール温泉


  • 施設の電話番号
  • 所在地:青森県青森市荒川あやめ公園内
  • 利用料
  • 大人:0円
  • 定休日:なし
    時 間:24時間
    備 品:なし
    風 呂:露天
    泉 質:不明


  • 施設の電話番号
  • 所在地:青森県青森市浜館5-3-6
  • 利用料
  • 大人:450円
  • 小学生:150円
    幼児:80円
  • 定休日:なし
    時 間:5:00~20:30
    備 品:なし
    風 呂:大浴場、薬湯風呂、サウナ
    泉 質:カルシウム・ナトリウム 硫酸塩・塩化物温泉


  • 施設の電話番号
  • 所在地:青森県平川市新屋平野84-14
  • 利用料
  • 大人:350円
  • (朝湯200円)
    小学生:150円
    (朝湯100円)
    3歳以上小学生未満:60円
  • 定休日:なし
    時 間:5:30~7:30・7:30~21:30
    備 品:なし
    風 呂:大浴場
    泉 質:含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
    ※インターネット限定特別割引クーポンを使うと入浴料が300円になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

入浴施設の他にも、低料金で利用できるサウナもしくはシャワー施設や入浴が可能な温水プールもご紹介しております。
プールを利用する場合は競泳用の水着と帽子がないと利用できない事が多いので準備が必要です。

あと、石鹸やシャンプーなど常備していない施設もあるのでタオルと一緒に用意しておきましょう。

以下の情報で入浴料が変更になっていたり入浴施設自体が消滅している場合がございます。
お出かけ前は最新情報を各自で御確認をお願いします。

無料や低料金で利用できる温泉には管理されている方が常駐していない場合がほとんどです。置き引きや盗難には注意が必要です。
特に女性の方が夜間に利用する場合は防犯対策をしっかりとご準備ください。

川沿いや海沿いの露天風呂も急激な川の増水や津波などの自然災害に遭遇することもありますのでいつでも避難できるようにしておきたいですね。

スポンサーリンク


関連記事


入浴施設の他にも、低料金で利用できるサウナもしくはシャワー施設や入浴が可能な温水プールもご紹介しております。
プールを利用する場合は競泳用の水着と帽子がないと利用できない事が多いので準備が必要です。

あと、石鹸やシャンプーなど常備していない施設もあるのでタオルと一緒に用意しておきましょう。

以下の情報で入浴料が変更になっていたり入浴施設自体が消滅している場合がございます。
お出かけ前は最新情報を各自で御確認をお願いします。